どっちがいいの? スタンガン vs 催涙スプレー徹底比較


どっちがいいの?|スタンガン-vs-催涙スプレー徹底比較 日本において代表的な護身用品といえば護身用スタンガン護身用催涙スプレーです。

日頃当店が、お客様から特に多くいただく質問に、「 スタンガンと催涙スプレーはどちらがいいですか?」 というものがあります。

結論から言いますと、スタンガンと催涙スプレーは両方とも携帯することが理想的です。

その理由は、スタンガンと催涙スプレーにはそれぞれに利点と欠点があり、両方の使用によって互いの欠点をカバーでき、パーフェクトに身を守ることができるからです。

スタンガンの効果については知らないと損をする 護身用スタンガンの真実で詳しく説明しました。

今回は、このスタンガンと催涙スプレーについて、それぞれの長所や短所を徹底比較し、さらに同時に使用したときの相乗効果などを併せ、護身用品専門家として詳しく解説します。

スタンガンと催涙スプレーのメリットとデメリット

それでは早速、スタンガンと催涙スプレー両者の利点と欠点を見てみましょう。

まずは細かい分析は抜きにして、概要から。

簡単にまとめるとこういうこと

スタンガンは相手をスパークで威嚇撃退できる可能性があり、密着した相手は例え背後であっても振りほどくことができ、相手に強烈な感電ショックと恐怖感を与え放心状態にできる。

しかし使用時は相手に直接押し当てなければならず、5秒前後の連続通電が必要。

感電による反応は個人差が大きく千差万別。感電後は気絶した例も数例あるが、10秒ほどで動ける人も。

催涙スプレーは使い方が簡単で、相手から数m離れて使用でき、1秒ほどの噴射で十分に効果があり、命中した相手は1時間以上の間完全に動けなくなる。

しかし顔面に命中しなければ効果がなく、暗闇や至近距離の相手には命中させ辛い。

さらに、電車やバスなど周囲に人がいる場合には、大きな影響を与え兼ねないので注意が必要。

このように、スタンガンと催涙スプレーはそれぞれまったく特性の異なる護身用品です。

あえて両者の最も優れた点を挙げるとすれば次のようになります。

どこが優れてるかというと

スタンガンは最も威嚇効果の優れた護身用品であり、相手に痛みを与えず撃退できる可能性が高い。

さらに密着した相手にも効果大。密着していても自分が感電することはない。

催涙スプレーは顔に命中すれば、他のどんな護身用品より効果は絶大。

さらに使い方がシンプルで簡単。単純なスプレーのため本能的に使用できる。

どちらが適していてどちらを選ぶのかという問題は、それぞれのおかれた環境や危険性によって異なるし、どちらのほうが使いやすいかとなると個人的なイメージや好き嫌いにも関係します。

何度か危険な目に遭った方なら、その危険な状況を思い出しながら、あの状況であればスタンガンが適しているとか、催涙スプレーがいいとか、そういったイメージもできるでしょう。そういったイメージにおいても、今回のスタンガンと催涙スプレーの利点や欠点をよく理解しておくと、さらに自分に適した護身用品を選べるようになります。

スタンガンと催涙スプレーの概要と優れた点はわかりましたね。

それでは、なぜそのような結論になったのか、その理由を細かく分析します。

スタンガンと催涙スプレーの細かな分析

護身用スタンガンの分析

【利点】

  • 相手を瞬時に完全に動けなくさせる。
  • 当てた相手にだけ効果がある。
  • 密着されたり、背後から抱きつかれた場合でも対処できる。
  • 電車など大人数がいる狭い密室でも使用できる。
  • 相手から離れていても効果的に威嚇(スパーク)できる。
  • 周囲が暗い場合の威嚇効果は絶大。
  • 致命的なダメージを与えない。

【欠点】

  • 感電させる場合、相手に接触しなければならない。
  • 防水ではない。
  • 接触部位に赤みがかった腫れが出来る(2〜3日で完治)。

護身用催涙スプレーの分析

【利点】

  • 相手から数m離れて使用できる。
  • 一滴でも目に入ると1時間以上は目があけられない。
  • 確実に逃げる事ができる(相手が長時間全く動けない)。

【欠点】

  • 相手に対しての威嚇効果は期待できない。
  • 大気中に霧状に飛散した催涙液によって、周囲にも影響を与える可能性がある。
  • 電車内など大人数がいる狭い密室では使用できない。
  • 密着された場合(抱きつかれた場合など)は相手に当てにくい。
  • 夜間など暗い状況では命中させにくい。

細かな項目に分けて分析しましたが、こういった詳細を知り、理解することが護身用品選びには大切です。自分の身をまもるためのことなので、しっかりと理解するよう心がけてください。

わかりやすいように表で比較してみましょう

これらの利点と欠点を、その効果や使用方法、自然環境、使用シーンに対して比較したのが下の表です。

表で比較すると、スタンガンと催涙スプレーそれぞれの得意・不得意が明確になるため、自分に適した護身用品がどちらなのかわかりやすくなりますね。(表の赤文字は利点青文字は欠点です)

[スタンガン/催涙スプレー 比較表]

 スタンガン催涙スプレー
威嚇○ 威嚇スパーク× 威嚇効果はない
適用部位○ 体のどこでも良い× 顔面に命中が必要
効果○ 感電中は全身が硬直○ 目と顔面の激痛で立ち上がれない
効果の持続時間× 1分以内○ 1時間以上
症状・痕跡接触跡は数日で回復痛みは数時間で回復
使用距離× 相手との接触が必要○ 数m離れて使用
複数の相手× 同時に接触できない○ 2〜3人同時撃退可能
密着した相手○ ふりほどき可能× 近すぎて狙えない
背後から抱きつく相手○ ふりほどき可能× 背後の顔を狙えない
暗闇× 顔を狙えない
強風× 狙いを外す恐れあり
雨天× 防水性能はない
メンテナンス× 電池交換必要○ メンテナンス不要
使用者の安全性× 拡散した催涙液の影響を受ける可能性あり。
 (間接的なので痛みは僅か)
周囲の安全性× 周囲の第三者へ影響の可能性あり。
 (電車やバスなど大人数の場所)

いかがでしょうか?

この表では、スタンガンや催涙スプレーそれぞれの利点(赤文字)と欠点(青文字)が明確です。青文字の欠点が気にならないほど赤文字の利点に必要性や魅力を感じれば、今のあなたには、そちらの護身用品が必要だと考えて間違いありません。

このように、スタンガンと催涙スプレーはそれぞれに長所と欠点があります。そしてよく見ると、お互いの欠点を互いがカバーしあっていることがわかりますね。

スタンガンと催涙スプレーは互いの長所を活かすと相乗効果が最大

スタンガンと催涙スプレーのそれぞれの長所を理解すれば、どのような条件下でも身を守る事ができます。

(例1)

夜道で相手が背後から抱きついてきた場合、催涙スプレーでは背後の相手の顔に命中させるのは困難なので、まずはスタンガンを相手の腕や脇腹に当て、相手を崩れ落ちさせます。そして、相手の顔に催涙スプレーを噴射すれば、相手はその瞬間から激痛で目が開けられず、1時間は動けなくなりますので、その間に逃げる事が出来ます。

(例2)

相手が離れた距離から「怪我をしたくなかったら付いて来い」と脅してきたとします。 その場合は相手の目の前でスタンガンのスパークを見せ、強力な護身用品を携帯し、使用する準備があるとアピールして威嚇します。(この時点でほとんどの場合、相手は犯行意欲を失います) それでも相手が迫ってきたら催涙スプレーを噴射、それでも抱きついてきたらスタンガンを当てて動けなくさせる。

どうですか? 護身用品使用のイメージは想像できましたか? 護身にとって、より具体的なイメージを持つことはとても大切です。

もちんろんあなたが日頃から危険を感じ、備えたいという使用条件が明確であれば、スタンガンか催涙スプレーのどちらか片方でも構いません。

しかし、起こり得るあらゆる状況下で確実に身を守り備えたいという場合は、やはりスタンガン催涙スプレーの2段構えが最も理想的であることも事実です。

最後に

本ページでは、これが女性向けだとか高齢者向けだという説明をしていません。それは、護身用品の基本設計が「誰でも練習なしに、しかも確実に使用できる」というように作られているためです。

スタンガンも催涙スプレーも、使用方法そのものは単純明快で使用者を選びません。どなたでも簡単確実に使用できますのでどうぞご安心下さい。

護身用品の購入を検討する参考として、代表的な護身用品であるスタンガン催涙スプレーについて、長所と欠点、そして理想的な備えについて解説しました。本ページの内容は、当店の商品に限った説明なのでその点だけご注意ください。(おもちゃ的な護身用品にはくれぐれもご注意を。)

護身用品をどれにするか迷った時、本内容をお役立てください。

3 comments on «どっちがいいの? スタンガン vs 催涙スプレー徹底比較»

コメントを残す

Your email address will not be published. *
You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>