私たちは津久井やまゆり園の46人殺傷事件を決して忘れない


2016年7月26日に神奈川県相模原市緑区の知的障害者施設、 「津久井やまゆり園」で入所者など46人が次々に刃物で刺された殺傷事件は日本中に衝撃を与えました。

知的障害者という社会的弱者を狙った犯行は卑劣極まりなく、その動機も常軌を逸するものでした。

この事件を伝えるためのサイトが公開されています。

19のいのち(障害者殺傷事件)

http://www.nhk.or.jp/d-navi/19inochi/

この事件は、狂気かつ自暴自棄な犯人にとって、防犯カメラや警報装置などは何の役にも立たず、何の抑止効果もないことを痛感させるものでした。

そして、催涙スプレーや防犯盾など護身用品さえあれば防げた犯行、救えた命を考えるとき、護身用品業界の一員として、護身用品の日本国内への浸透に十分な力が及んでいないことを考えると悔やんでも悔やみきれません。

紹介した19のいのちのサイトでは、亡くなった入所者の方々ひとりひとりを、暖かい水彩画とともに紹介されています。そのひとつひとつを見て、改めて失った命の大切さと、護身用品業界人として守れた命を守れなかった後悔の念が押し寄せます。

今後ともKSPでは、より広く皆様に護身用品の存在と価値を知ってもらい、救える命を一人でも多く救うため、全力をもって努力して参ります。

最後に、津久井やまゆり園で命を落とされた19人のかたたちのご冥福を、心よりお祈りいたします。


ご近所トラブルの備えと解決方法


ご近所トラブルは、普段の私たちの社会生活にとって、潜在的に多い危険要因の一つです。こういったトラブルは、早い段階での適切な対処によって、事件や実被害への発展を防ぐことができます。

ご近所トラブルは被害が発生するまでは刑事事件とならない場合が多く、警察での対処には自ずと限界があります。また、いきなり弁護士を立てて訴訟となっても、問題が大きくなりすぎる心配や費用面での問題もあり、難しい側面があります。

このようなやっかいなご近所トラブルの解決方法として紹介したいのが、ADR(裁判外紛争解決手続)です。

今回は、護身用品専門店から見たご近所トラブルの実態と、有効な解決方法を紹介します。

続きを読む


護身用品悪用防止の署名にご協力ください


護身用品悪用防止署名活動

護身用品悪用犯罪の根絶を求める署名活動

日本護身用品協会では、護身用品の悪用による犯罪根絶のため、護身用品販売規制の法制化を目指す署名活動を行っています。

護身用品は、誰でも用途や年齢を問わず、匿名で、仮に悪用が目的であっても自由に購入できる時代は終わりつつあります。これからの護身用品は、身元を証明できるユーザーが、護身目的での使用を約束した上で責任を持って購入する時代です。これこそが護身用品の適正な使用と悪用根絶に繋がり、護身用品が必要な人がいつでも安定して護身用品を購入できる社会の実現に繋がります。

当店では、この日本護身用品協会が行う署名活動に賛同しています。

護身用品悪用のない安全な社会の実現に向け、この内容に賛同いただける方は是非、署名のご協力をお願いいたします。

署名にご協力いただける方はこちらへ

護身用品の悪用のない安全な社会実現に向けて護身用品販売規制の法制化を警察庁に求めます

 

 

 


TVであってた「ニセ宅配便の見破り方」に違和感


ニセ宅配便の見分け方先日テレビを見ていたら、たまたま防犯の特集をやっていました。

番組内の防犯に関する様々なコーナーの一つとして「ニセ宅配便の詐欺」について取り上げている内容がありました。

ニセ宅配便という詐欺行為が存在し、誰でも被害に遭う可能性があること。それをテレビを通して視聴者に紹介して注意を喚起することは、とても有意義だと思うし、私も知らなかったのでためになりました。

でも、そのコーナーの中で防犯の専門家と称する人が解説したニセ宅配便業者の見破り方は、どう考えても全く納得できなかったので、ニセ宅配業者の見破り方を独自の視点で考えてみました。

今回は、テレビで放送された内容と、もっと現実的なニセ宅配便詐欺の見破り方を当店独自の考えで紹介します。

 

続きを読む


警察への捜査協力(カプサイシン編)


タバスコとカプサイシン先日警察から問い合わせがありました。

都道府県は。。伏せた方がいいかもしれませんね。中部地方の警察署です。

事件の具体的な内容も公開できませんが(捜査中ですし)、その捜査の過程で専門家の意見が必要になったので、当店に問い合わせをしたとのことでした。

カプサイシンが検出されれば、使用されたのが催涙スプレーだと断定できるのか。これを、今回の問い合わせに対する答えとともに紹介します。

 

続きを読む


全国で近隣住人同士のトラブルが続いてますね…


最近、近隣住人同士のトラブルが続いています。

こういう事件って、一旦続き出すと連鎖反応のように全国で続く場合が多いように感じます。

テレビニュースなどの影響でしょうか…心配です。

アパートなどは音が漏れやすい等の特徴があるのか、特に近隣トラブルが多いようです。

トラブルの種を抱えていると感じる人は、用心を怠らず、戸締まりはしっかりとしましょう。

同時に、自宅の出入りや外出の時なども周囲への警戒を怠らないようにしましょう。

特に一階に住む方は窓の開けっ放しにも注意し、必ず施錠してください。

近隣トラブルの事件というものは、事件に発展する前に必ず小さないざこざや、予兆といったものがあります。

トラブルは小さなうちに平和的な解決を心掛け、同時に万一に備えて十分な警戒が必要です。

これ以上このような事件が起きないように、ましてや被害者には絶対にならないように注意してください。


岩手県で10件目 男性がクマに襲われ大ケガ 顔や首に深い傷


熊に注意 クマの被害が止まりません。

岩手県では野鳥の調査をしていた男性が、クマに襲われ大ケガをしました。

この事件を踏まえ、熊の危険性やその背景、有効な対処方法について詳しく解説します。 続きを読む


護身用品の購入はスタートライン トータルで実現する完全な護身の方法


護身用品の携帯方法について真剣に考えていますか?

状況を冷静に判断し、携帯方法を切り替えていますか?

護身用品の知識や運用方法に不安はありませんか?

今回は護身用品の実戦的で現実的な備え方について、護身用品専門家の視点から、実例も交え詳しく解説します。 続きを読む